2018/06


月の言葉 / word of the month

雨 / あめ : 空から降るもの。


六月の辞書 / the words of inspiration

あめつち、色見本、響む、夏木立、あべこべ/世界がひっくりかえる、ことり、きさ(象)、hibernation、ウタタネ、Lychinis coronaria、Crepis rubra、ぶた、古めかしい、ワンピース、アイスティー、しとしと、ざあざあ、rosie、口笛、hiccup、緑が燃える、ode、蜜豆、瞬き、komkommer、あののものの、霓、プラム、粉砂糖、苔、氷砂糖、ペンギン、scapbecbinus mirabile、雨の日、さえずり、雨間、水かき、浴室の人魚、多雨、海綿、憂鬱、とんがり耳、廊下、明るい台所、おうち、しじま、夜雨、スパゲッティミートボール、むくいぬ、wisteria tree、燃え石、観察日記、chlamydomonas、cocaphony, euphony、ザラメ、おののき、西瓜、if、pup、梔子、fungi、lichens/地衣類、蜂たちが旋回する、カタツムリの読書傾向、ゼリー、赤ずきんの姉妹、meimei、夏眠、hydrangea、土砂降り、ざんざか、蝙蝠、ヤモリ、ひかる、君の髪に巣をかける、イソヒヨドリ、つややか、ぱらぱら、屋根裏、夕さり、水月、海鳴、KIRUI、翠雨、graze、合歓の木、時雨模様、鱗を並べた、手は長い翼になって、腋、ひとすじの香り、青い星をひろう、四方 / yomo、nudibranch、空曲、かわひらこ / 蝶の古名、とおお、lichen、canis、ahasia、aeshetically、イソヒヨドリ、藍色、blauw、outcast、nestling、象、hereditary / 遺伝性、Turadus、野茨、気類、時雨、晨雨、暮雨、糸雨、胡盧、ilang-ilang、満干、片雨、soramimi、果て、夜をこめる、burrow、visceral、bygonedays、groove、bark、honeysuckle、yows、philosophically、funambulate、mutability、lithophile、ad infinitumu、こぼれ種、トネリコ、地面の下で眠るものたち、スイカズラが蝶になる、ナンキンハゼが燃える、蜂への招待状、くくる、ヤモリの体温測定