赤ねこさん、ぶんむくれる。


針山がどんどん針を吐き出すので、
困った鳥の巣頭のmemeは赤ねこさんに針をあずかってもらうことにしました。



赤ねこさんは、ぶんむくれています。
けれども、おなかの中では鈴がころころころがるような楽しい気持ちでいるのです。
でも、それを顔には出しません。

ねこは、そういうものです。


針がフェルトを突き通さないように、厚紙を背にいれました。


針も鋏も、とがっています。
それが針と鋏の性質だからです。

安全に使うことが何より大切ですが、
安全に使えるように工夫することも大切ですね。