フロスト・シュガーの町。

粉砂糖をふるったような、庭屋敷町の光景。

PAKERIのあるユリノキ通りでは、樹上に残ったユリノキの種の、
根元の部分だけが残って、茶色のユリが咲いているみたい。

そのユリにも雪が積もって、ユリノキは雪の実をみのらせているよう。



スパイスティーを作るマトリョーシカの娘さんの隣で、
チョコレートの好きなテントウムシはホットチョコレートを温めています。


鳥の巣頭のmemeは、商品の出荷準備中。

ヨーヨーキルトのピースオブケイクは、お菓子専用の小さなマット。
チョコレートの好きなテントウムシのリクエストからうまれました。


節分のいわしちゃん、と二月限定のコードネームをもらった娘さんは、
雪雲を見あげて思案顔。
――雪雲をふきとばすには、豆じゃだめなのね。


雪道をそそっと歩いて、ポストに手紙を投函したマトリョーシカの娘さん。
空から大地に、たくさんのおたよりが届いた日。
――手紙が迷子にならずに、きちんと届きますように。


さて、小柄な茶色のくまはといえば、雪かきに余念がありません。
といっても、庭屋敷町の積雪はほんの数ミリ。
裏庭の日かげの、他より少し積もったところの雪を、せっせとかいていましたよ。